HOME>首切り地蔵>首切り地蔵

パワースポットでもあります

東京都荒川区には江戸時代に罪人の処刑場として使用されていた小塚原刑場があります。この小塚原刑場では約20万人の罪人が江戸時代に処刑されたと伝えられています。この小塚原刑場のそばには延命地蔵が処刑された罪人をともらうために建立されました。この延命地蔵は首切り地蔵と呼ばれ現代では観光スポットとして人気が高くなっています。この首切り地蔵はパワースポットして様々な方達が訪れています。この首切り地蔵が建てられる由来となった小塚原刑場跡は凄く雰囲気のある場所となっています。この周りにも様々なスポットがあり荒川区の中でも人気のあるスポットとなっています。近くにある橋は泪橋といい、ボクシング漫画の中で登場しとても有名になった場所です。小塚原刑場が歴史的にも有名になっている所以はやはり江戸時代末期に吉田松蔭が処刑された刑場である事にあります。余談になりますがこの刑場で処刑された人々は解剖材料として取り扱われ、解体新書の検証に大きく貢献する場所となっています。小塚原刑場で処刑されたり、解剖の材料となった罪人を慰める目的で首切り地蔵は建立されました。刑場は閉鎖され使用される事はありませんが、首切り地蔵の周りには今も墓地があり、これらの墓地に埋葬されている死者の冥福を祈っています。首切り地蔵は歴史的にも非常に大切な小塚原刑場跡に建てられ、観光スポットとしての価値も高い場所となっています。