HOME>ノスタルジーの町、尾久>ノスタルジーの町、尾久

コトコト都電に乗って荒川遊園周辺を散策

荒川区尾久といえばまず頭に浮かぶのが、荒川区西尾久6丁目にある「あらかわ遊園」ではないでしょうか。「あらかわ遊園」といえば隅田川近くの小さくてリーズナブルな遊園地。小さいといえども、総面積50,841平方メートルの敷地には観覧車や豆汽車など計6基があり、遊具乳幼児から小学校低学年のお子様は大喜びで遊べる施設です。残念ながら2018年12月1日より改修工事のため休園となっていますが、パワーアップして帰ってくるとのこと、楽しみに待っていたいですね行く際にはぜひ、都電荒川線を利用したいですね。都内唯一の都電として可愛らしい1両の電車で雰囲気たっぷりに最寄り駅の「荒川遊園地前」に降りれば、「あらかわ遊園」はすぐ目の前。移動手段でありながら、遊園地の乗り物の一つのように利用できますよ。 さらに都電に興味が湧いたのであれば、荒川区西尾久8丁目にある「都電おもいで広場」に移動しましょう。開館日が、土・日・祝日の10時から16時までですが、実物の都電の車両が展示されています。展示車両は2台あり、どちらも車内に入ることができ運転席に吸われますので、こちらも電車が好きなお子様であれば、ぜひ抑えておきたい施設です。その他にも尾久地区は銭湯が多くあります。下町情緒たっぷりの町内をゆっくりと歩きながら銭湯に行き着けば、昔ながらの裸の付き合いが楽しめることうけあいですね。