荒川の公共交通

荒川区は東京の下町のイメージが強く、下町風情に溢れた街です。東西に細長く、北側は隅田川が区境になっています。荒川区の最南端に位置するのが日暮里です。江戸時代から、ひぐらしの里、道灌山と呼ばれ、江戸近郊の行楽地としてにぎわっていて、現在の日暮里駅はJR山手線、京浜東北線、東北本線、高崎線が乗り入れ、また常磐線もあります。さらに、京成本線で成田空港へのアクセスも容易な、交通の要所です。地下鉄の東京メトロの千代田線や日比谷線も走っていますので、都心へのアクセスも便利です。そして、区の真ん中を東西に貫くのが都電荒川線です。荒川区の南東の南千住の三ノ輪から新宿区の早稻田まで走っていますが、都内でも数少ない路面電車の路線です。昭和レトロの電車が走っていて、沿線も懐かしい雰囲気があります。一日乗車券もありますので、乗り降りを繰り返して、区内に散在する神社、仏閣を見物することもできます。江戸以来の伝統工芸のお店もたくさんありますし、実際に体験することもできます。荒川ブランドとして売り込まれています。また、昔ながらの商店街も残っています。日暮里繊維街と称される、生地織物を取り扱う店が1キロにわたって立ち並んでいます。街歩きを愉しんだ後は、駄菓子屋文化の粋であるもんじゃ焼きでお腹を満たすこともできます。江戸情緒を色濃く残しながらも、公共交通の便にも優れた場所です。